中途覚醒

早朝覚醒について

 

睡眠障害のひとつに、朝早く目が覚めてしまう「早朝覚醒」があります。

 

これは睡眠障害の中でも良くあるに障害ですが、お年寄りに多く見られるものです。

 

起きようと思っている時間より2時間も3時間も早く目が覚めてしまいます。ただ、目が覚めてもスッキリと起きられる状態ではなく、まだ寝ていたいのに目が覚めてしまうのですから寝不足にもなりますし、本人にとっては辛いものがあります。

 

この早朝覚醒の特徴は、眠りが慢性的に浅くなっているとか、精神的なことが原因となっているなどがあります。

 

早朝覚醒を改善する方法には、高照度光療法がありますが、高照度光療法とは、朝の光に当たり、人間に備わっている体内時計を正常にして、自然のリズムに整えて眠りやすいようにするというものです。

 

朝日に当たることで体内時計をリセットして、自律神経に良い影響を与えるこの治療法はうつ病の治療法にも使われています。今は、朝日に当たれない人は、朝日の2500ルクスと同じ光線のランプが販売されていて、それを利用している人も多いです。

 

また、精神的なものからくることが多い早朝覚醒は、寝室の環境を眠りやすいように工夫&改善がおススメです。

 

そして、精神的な要素が大きい早朝覚醒には、天然植物成分で睡眠を促すように作られた不眠 サプリがおススメです。睡眠に必要な成分セロトニンの分泌の働きを応援する効果的な必須アミノ酸などが配合されていて、自然な眠りにつきやすいように作られています。

 

通販でも手軽に買うことができますから試してみてください。

 

関連ページ

眠の症状「入眠障害」
眠の症状「入眠障害」について説明します。
眠の症状「中途覚醒」
眠の症状「中途覚醒」について説明します。
眠の症状「熟眠感欠如」
眠の症状「熟眠感欠如」について説明します。