入眠障害

入眠障害について

 

不眠症とは、人間に本来備わっている睡眠の働きが、何らかの異常で不具合を起こし必要な睡眠がしっかりとれなくなることです。

 

不眠の原因はさまざまで、また出る症状も睡眠障害の種類によって違ってきます。

 

不眠症で起こる障害に「入眠障害」というのがありますが、これは眠ろうとして布団入ってもなかなか寝付かれない症状を言います。夜12時ごろ布団に入っても、朝の4時ぐらいになってやっと眠れるという人もいます。

 

そんな状態なので睡眠も短くなり、熟睡もできず十分な睡眠がとれないのですから、すぐ疲れたり、やる気や集中力もなくなってしまいます。体を動かすのも面倒になり食欲も無くなってきます。

 

不眠症の解消には、朝日を浴びて眠りに必要なメラニンを体にたくさん取り込めばいいのですが、なかなか寝付かれない入眠障害の人は、朝方になってようやく寝付くという状態なので、朝日の当たる時間に起きるのが無理です。

 

そこで、朝日と同じ効果のある光を当てるライトも開発されています。朝日の当たる時間にタイマーをセットしておいて、その時間にライトがついてくれます。かなり効果があるようなので、入眠障害で悩んでいる方は試してみてください。

 

そして、おススメは不眠 サプリです。睡眠薬と違って、ハーブ他の癒される香りで心地良い眠りにつくことができます。そして、目覚めた時の爽快感が睡眠薬とは全く違うのです。

 

強制的に眠りにつかせる睡眠薬は、朝目が覚めた時に頭が痛かったり重かったりしますが、不眠 サプリはそれがありません。

 

関連ページ

眠の症状「中途覚醒」
眠の症状「中途覚醒」について説明します。
眠の症状「早朝覚醒」
眠の症状「早朝覚醒」について説明します。
眠の症状「熟眠感欠如」
眠の症状「熟眠感欠如」について説明します。