主な不眠の症状

主な不眠の症状記事一覧

不眠症とは、人間に本来備わっている睡眠の働きが、何らかの異常で不具合を起こし必要な睡眠がしっかりとれなくなることです。不眠の原因はさまざまで、また出る症状も睡眠障害の種類によって違ってきます。不眠症で起こる障害に「入眠障害」というのがありますが、これは眠ろうとして布団入ってもなかなか寝付かれない症状を言います。夜12時ごろ布団に入っても、朝の4時ぐらいになってやっと眠れるという人もいます。そんな状...

国民病と言われるほど多くの人が悩まされている不眠症ですが、その中に「中途覚醒」というのがあります。眠っている途中で目が覚めてしまうのが中途覚醒ですが、ひと晩に何回も起きる人もいます。健康な人がトイレに行きたくなって起きるのと違って、中途覚醒の人は目が覚めてもなかなか眠れないのが特徴です。中途覚醒でどうにも辛い時は病院で診てもらう事をおススメしますが、睡眠障害は内科でなく、診療内科を受診してください...

睡眠障害のひとつに、朝早く目が覚めてしまう「早朝覚醒」があります。これは睡眠障害の中でも良くあるに障害ですが、お年寄りに多く見られるものです。起きようと思っている時間より2時間も3時間も早く目が覚めてしまいます。ただ、目が覚めてもスッキリと起きられる状態ではなく、まだ寝ていたいのに目が覚めてしまうのですから寝不足にもなりますし、本人にとっては辛いものがあります。この早朝覚醒の特徴は、眠りが慢性的に...

熟眠感欠如とは、時間的にはたっぷり眠っているはずなのに、熟睡した感じがせず、自分が不眠症だと思っている状態です。熟睡感とあるように、感じ方が大きいので、自分では良く眠れていないと思っているケースも多いです。熟睡した感じがないので、疲れた感じが残っていることが多いです。熟睡感を得たいという人におススメは、不眠 サプリです。精神的な要因が大きい熟眠感欠如は、うつ病になってしまうリスクも高く、早めの改善...