睡眠前にやってはいけないこと

音・照明・温度について

 

眠るにも体力が必要と言われています。そのため体力のないお年寄りなどは寝つきが悪くて、しかも早朝に目が覚めてしまう傾向があります。体力があるということは丈夫で精神的にも健康な人が多いので不眠に悩まされる人は少ないです。

 

うつ病の人の多くが不眠にも悩まされているように、精神的な気持ちの問題が大きい不眠対策には、寝るときに心地良く眠れるように寝室の雰囲気に気を使ってみることをおススメします。

 

寝るときに気になるのは音です。音が気になって眠れなかったという経験は多くの方がおもちだと思います。音が気になりだすと、さらに気になって音に神経が集中してしまいます。

 

もし、寝室で外からの音が気になったら、窓を2重サッシにして音を遮ることをおススメします。また、厚手のカーテンをつけると布が音を吸収してくれるのでそれなりの音の対策に有効です。

 

また寝室の明るさですが、普通は照明を切って眠りますが、なかには豆電球をつけておかないと落ち着かないという人もいます。そういう方はおぼろげながらに見える明るさ程度のスタンドをつけておくことをおススメします。

 

部屋の温度ですが、寒い時に部屋の暖房をつけたまま寝るのは、部屋が乾燥しすぎるのでおススメできません。日本なら布団の中を暖かくするだけで十分だと思います。

 

おススメは湯たんぽです。電気毛布は肌を乾燥させてしまいますし、寝むりに入るときの温度のままでは、眠ってから熱くて目を覚まして温度を下げたりしますが、湯たんぽなら熱くても眠っているうちに自然に体から離しているので目を覚まさないですみます。

 

夜中に一度目を開けたらなかなか寝付けない人にはおススメです。

 

私は湯たんぽ一つでは布団の中に入ったときに物足りないので2つ入れていますが、電気毛布より自然な感じで快適です。

 

最後におススメは寝る前に不眠 サプリを飲むことです。副作用もなく心地よい眠りにつけます。

 

関連ページ

不眠を防ぐ環境づくり「音・照明・温度」
不眠を防ぐ環境づくり「音・照明・温度」について掲載します。
不眠を防ぐ環境づくり「壁紙ほか寝室の色調」
不眠を防ぐ環境づくり「壁紙ほか寝室の色調」について掲載します。
不眠を防ぐ環境づくり「寝る前にすること」
不眠を防ぐ環境づくり「寝る前にするこ」について掲載します。
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」について掲載します。