寝る前にするこ

睡眠前にやりたいこととは?

 

不眠に悩ませられたら、まずは睡眠に対しての考えを変えてみてください。人によって必要な睡眠時間の長さは差がありますし、ひと晩や二晩眠れなくても命に別状はないし、眠らないでいれば体の方が自然に眠らせてくれると思ってください。

 

眠れなくて困るという焦りの気持ちがさらに頭をさえさせ眠りにつきにくくしてしまいます。寝る時間にはこだわらず、眠くなったら寝るというゆったりした気分でいてください。

 

おススメは、寝る前に自分なりのリラックス法とか、自分がご機嫌になれることを見つけておくことです。

 

なかなか寝付かれない人には、軽い読書や好きな音楽を聞いたり、ぬるめの入浴がおススメです。お風呂に入って体温が上がると人間は眠りにつきやすくなるものです。子育ての経験がある人はわかりますが、眠くなってぐずる赤ちゃんの手は熱くなっています。

 

なので、温かい飲み物を飲むのも体温を上げるので眠りにつきやすくなります。そして、好きな香りで神経も癒されてWの効果が期待できます。

 

また、海外へ行くと時差ボケも手伝って眠れなくなるので、海外出張の時はいつも不眠 サプリを持って行くという商社マンの男性もいます。おかげ時差ボケに悩まされたこともないとか。

 

眠れないのは精神的なものが大きくても、気合だけでは眠れません。気合を入れるとなお興奮して眠れなくなってしまうのが睡眠です。

 

海外出張に持って行くと、実際の不眠 サプリの効果と「これで安心して眠れる」という効果も手伝って良く眠れると言います。

 

これから海外旅行に行かれることがあったら、不眠 サプリも忘れずに持っていくことをおススメします。

 

関連ページ

不眠を防ぐ環境づくり「音・照明・温度」
不眠を防ぐ環境づくり「音・照明・温度」について掲載します。
不眠を防ぐ環境づくり「壁紙ほか寝室の色調」
不眠を防ぐ環境づくり「壁紙ほか寝室の色調」について掲載します。
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」について掲載します。
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」(コピー)
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」について掲載します。