壁紙ほか寝室の色調

壁紙ほか寝室の色調について

 

寝室の色調は眠りに入りやすい、落ち着いた色調がおススメです。落ち着いた色と言えばベージュやブラウンで、部屋全体を落ち着いた雰囲気にしてくれます。
柄物はその時は気に入っても何年かすると飽きが来ることも多いので、無地がおススメです。飽きがきてから「あの時他の柄にしておけば良かった」などの後悔をしているとそれも眠りの妨げになります。

 

部屋の色調は、強いカラフルな色調は本人がそれほど気にしていなくても、脳内でははっきり認識して反応しているということなので、癒し系の色調がおススメです。

 

癒し系と言えば、癒されるキレイな景色の絵や、思わずホッコリするような可愛い動物の写真などを額に入れて貼っておくのもおススメです。目が癒されると脳内にも癒しが伝わって良い効果が期待できます。

 

そして、寝室の色調も大切ですが、寝室は片付けてキレイにお掃除をしておくことをおススメします。乱雑な寝室では落ち着きませんし、きちんとお掃除をしない自分に自己嫌悪でさらに寝つきが悪くなる可能性大です。

 

ストレスが溜まらないように部屋をキレイにしておくといった知人がいますが、仕事から帰ってきて、散らかった室内を見るとそれだけで疲れてしまうと言います。なので、寝室は気持ち良くお掃除をしておくことをおススメします。

 

また、良い香りのアロマアロマテラピーも交感神経をリラックスさせる効果があり、神経を癒してくれ、眠りにつきやすくしてくれます。

 

不眠 サプリも、その働きを利用してラベンダーなどの香りを利用して作られています。もちろん、眠りを誘うセロトニン他を配合してあり、なかなか寝付けない人にはおススメです。

 

関連ページ

不眠を防ぐ環境づくり「音・照明・温度」
不眠を防ぐ環境づくり「音・照明・温度」について掲載します。
不眠を防ぐ環境づくり「寝る前にすること」
不眠を防ぐ環境づくり「寝る前にするこ」について掲載します。
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」について掲載します。
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」(コピー)
不眠を防ぐ環境づくり「睡眠前にやってはいけないこと」について掲載します。