不眠を防ぐ環境づくり

不眠を防ぐ環境づくり記事一覧

眠るにも体力が必要と言われています。そのため体力のないお年寄りなどは寝つきが悪くて、しかも早朝に目が覚めてしまう傾向があります。体力があるということは丈夫で精神的にも健康な人が多いので不眠に悩まされる人は少ないです。うつ病の人の多くが不眠にも悩まされているように、精神的な気持ちの問題が大きい不眠対策には、寝るときに心地良く眠れるように寝室の雰囲気に気を使ってみることをおススメします。寝るときに気に...

寝室の色調は眠りに入りやすい、落ち着いた色調がおススメです。落ち着いた色と言えばベージュやブラウンで、部屋全体を落ち着いた雰囲気にしてくれます。柄物はその時は気に入っても何年かすると飽きが来ることも多いので、無地がおススメです。飽きがきてから「あの時他の柄にしておけば良かった」などの後悔をしているとそれも眠りの妨げになります。部屋の色調は、強いカラフルな色調は本人がそれほど気にしていなくても、脳内...

不眠に悩ませられたら、まずは睡眠に対しての考えを変えてみてください。人によって必要な睡眠時間の長さは差がありますし、ひと晩や二晩眠れなくても命に別状はないし、眠らないでいれば体の方が自然に眠らせてくれると思ってください。眠れなくて困るという焦りの気持ちがさらに頭をさえさせ眠りにつきにくくしてしまいます。寝る時間にはこだわらず、眠くなったら寝るというゆったりした気分でいてください。おススメは、寝る前...

丈夫で寝太の人は、布団で横になって頭が枕に着く前に眠ってしまうと言います。私の周りにも若干1名そういう人がいます!しかし、なかなか寝付かれずに悩んでいる人はたくさんいます。不眠とまでいかなくても、時には寝付けなくて苦しむこともあります。寝る前の時間は、できるだけ眠りにつきにくくするようなことは避けてください。睡眠の前にやってはいけないことは色々ありますが、やってはいけないことは人によって様々です。...

眠るにも体力が必要と言われています。そのため体力のないお年寄りなどは寝つきが悪くて、しかも早朝に目が覚めてしまう傾向があります。体力があるということは丈夫で精神的にも健康な人が多いので不眠に悩まされる人は少ないです。うつ病の人の多くが不眠にも悩まされているように、精神的な気持ちの問題が大きい不眠対策には、寝るときに心地良く眠れるように寝室の雰囲気に気を使ってみることをおススメします。寝るときに気に...