適応性不眠

適応性不眠について

 

不眠になる原因や種類は多く、悩まされている方は年々増え続けています。

 

その中のひとつの「適応性不眠」は、ストレスによって起こりますが、ベッドに入ってもなかなか眠れないなど寝つきが悪く、また、やっと眠ったと思っても、眠りが浅かったり、朝早く目覚めてしまうので常に寝足りない感じがしているタイプの不眠のことを言います。

 

適応性不眠の睡眠障害では、夜眠れないとか、あるいは日中、仕事中でも眠気に襲われて困るなどのような症状が見られます。

 

そのほか、適応性不眠に伴って起こる症状には、疲労感や無気力や、だるさなどがありますが、良く眠れないためなかなか起きられず、過度に長い就床時間の傾向があります。

 

また精神的にも不安感や焦燥感などで悩む人や、目の痛みや頭痛を訴える人もいます。

 

上記のような症状が7日程度続くとか、人によっては3ヶ月程度続など人によっても様々です。

 

ストレスからくる適応性不眠は、病気ではなく、今のストレスが解決されれば不眠も自然に改善されることが多いです。したがって、眠れないことに悩まずに今の悩みを解消するように努めながら、適応性不眠が解消するのを待ってください。

 

眠れないときは不眠 サプリの利用で眠りにつきやすいようにすることをおススメします。睡眠薬と違って副作用もなく安心して飲めるのが不眠 サプリです。

 

不眠 サプリは医薬品ではないので通販でも買えます。自分の好みのものを選んで利用することをおススメします。

 

関連ページ

不眠の原因「特発性疾患による不眠」は深刻
不眠の原因の一つ「特発性疾患による不眠」について説明します。
不眠の原因「幼年期の行動からくる不眠」
不眠の原因の一つ「幼年期の行動からくる不眠」について説明します。
不眠の原因「薬物による不眠」は医師と相談が必要
不眠の原因の一つ「薬物による不眠」について説明します。
不眠の原因「健康障害による不眠」は身体の治療が必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「精神障害(うつ)による不眠」は心の癒しが必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「時差ボケや環境による不眠」はセロトニンがカギ
不眠の原因の一つ「時差ボケや環境による不眠」について説明します。