幼年期の行動からくる不眠

薬物による不眠について

 

不眠になる原因の一つに「薬物による不眠」がありますが、単純な不眠には、昼間適当な運度をするとか、セロトニンを増やす成分が多く含まれている食品を心がけて摂るなど色々考えられますが、薬物による不眠では、それらのような方法では効果がきたいできません。

 

薬物による不眠は、病気の治療を受けて薬を処方してもらい、処方された薬が原因で不眠になってしまうケースがあります。医師でも見落としがちなこの不眠は、もし薬を飲み始めてから不眠になったら医師に相談してみてください。

 

医師は処方している薬の中に不眠の原因となる薬がないか調べてくれ、あった場合は量を減らすとか、薬を変えるなどの方法を取ってくれます。

 

また、薬を止めても不眠が続くようなら、「睡眠外来」などのような専門の病院がおススメです。それと自然の素材で眠りを促す不眠 サプリを飲んでみるのもおススメです。

 

また、高齢になると一般的に眠りが浅くなるものですが、お年寄りはなにかとたくさんの薬を飲むようになるので、年齢によるもののほか薬物による不眠も考えられます。

 

ただ、お年寄りが眠れないと訴えても、実際は眠っていることも多く実際は不眠と言えないケースが多いようです。

 

ちなみに、生活習慣病に罹っている人が多い現代では、生活習慣病の薬の中に不眠を起こす薬があります。

 

例えば、高血圧の人が飲む降圧薬のニフェジピン、やベラパミルほかがあり、高脂血症治療薬のクロフィブラートやアトルバスタチンなどで、不眠になる人もいます。

 

不眠 サプリは安全なので問題はないと思いますが、医師に相談して利用することをおススメします。

 

関連ページ

不眠の原因「適応性不眠」はストレスが原因
不眠の原因の一つ「適応性不眠」について説明します。
不眠の原因「特発性疾患による不眠」は深刻
不眠の原因の一つ「特発性疾患による不眠」について説明します。
不眠の原因「幼年期の行動からくる不眠」
不眠の原因の一つ「幼年期の行動からくる不眠」について説明します。
不眠の原因「健康障害による不眠」は身体の治療が必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「精神障害(うつ)による不眠」は心の癒しが必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「時差ボケや環境による不眠」はセロトニンがカギ
不眠の原因の一つ「時差ボケや環境による不眠」について説明します。