特発性疾患不眠

特発性疾患による不眠について

 

睡眠障害のなかに「特発性疾患による不眠」というのがありますが、この障害は仕事にも差し障りが出てくるので、深刻な悩みとなります。

 

ある20代後半の女性は、仕事中でも眠気に襲われてついつい居眠りをしてしまい、上司にどのくらい注意をされたかわかりません。本人も悩んで十分睡眠をとるのはもちろん、神経内科にも行きましたが異常なしで、耳鼻科で睡眠時無呼吸症候群の検査も受けましたが原因はわかりませんでした。

 

結局、最後には特発性過眠症と診断されました。この20代の女性のように特別な原因が見当たらない、生まれながらにして不眠症の人もいます。

 

不眠症の中でも珍しい特発性疾患による不眠は、死ぬまで治らないことが多く、一生の病になるようです。

 

特発性不眠症の人は睡眠中でも脳が覚めている状態なので、眠気を誘う機能も上手く働かない状態だと言います。そのため、眠りにつきにくく、眠ったとしても熟睡感がしないと言います。

 

そこで考えられるのは、脳の機能が上手く作用しないのですから、脳の中枢に働きかけて眠りを誘う睡眠薬では効果がないと思われます。

 

それに対して不眠 サプリは、眠りを誘う物質のセロトニンに働きかけて眠りを誘います。素材には植物由来の睡眠力を呼び起こす成分が使われますから効果が明日のではないかと思われます。

 

ただ、不眠症の中でも珍しい特発性疾患なので、まだ実際に試した人がいないので、確かなことは言えませんが、不眠 サプリで眠りにつきやすくなる可能性は否定できません。

 

関連ページ

不眠の原因「適応性不眠」はストレスが原因
不眠の原因の一つ「適応性不眠」について説明します。
不眠の原因「幼年期の行動からくる不眠」
不眠の原因の一つ「幼年期の行動からくる不眠」について説明します。
不眠の原因「薬物による不眠」は医師と相談が必要
不眠の原因の一つ「薬物による不眠」について説明します。
不眠の原因「健康障害による不眠」は身体の治療が必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「精神障害(うつ)による不眠」は心の癒しが必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「時差ボケや環境による不眠」はセロトニンがカギ
不眠の原因の一つ「時差ボケや環境による不眠」について説明します。