時差ボケや環境による不眠

時差ボケや環境による不眠について

 

不眠の原因の一つに時差ボケがありますが、海外へ行ったときや帰ったときに起こるのが時差ボケで、時差ボケからも睡眠障害が起こります。

 

アジア圏ではそれほど時差を感じることが少なく、10時間も飛行機に乗っている国では時差ボケも酷く感じられます。

 

この症状が起きるのは、人間の体内には体内時計があり、体内時計と現実の時刻にずれが生じることが原因で起こります。この症状が出るのも個人によっても差がありますが、程度の差こそあってもほとんどの人に出ると言います。

 

この時差ぼけを防ぐには、眠りに入る1時間前に不眠 サプリを飲むことをおススメします。体内時計は人間の体の様々な生体機能の調節をする働きをしていて、眠りにも大きな影響を与えます。

 

体内時計のこの働きを正常に調節するのが、不眠 サプリに含まれているセロトニンで、時差ボケの体に働きかけて眠りにつきやすくします。

 

また、環境による不眠には、深夜に働く人の睡眠障害があります。この場合の睡眠障害も体内時計の乱れから起こりますが、深夜勤務を続けている人の寿命は、普通の人と比べて短いと言います。

 

昼間の仮眠の取り過ぎも、夜寝るときに寝つきを悪くして、睡眠覚醒リズムを乱れさせ不眠を悪化させます。昼寝をする場合は30分以内にしておくことをおススメします。

 

ちょっとしたことでも不眠の原因になってしまいますが、不眠を悪化させないうちに不眠 サプリで対策をとることをおススメします。

 

睡眠薬と違って副作用もなく、依存症になるリスクがないのが不眠 サプリです。

 

関連ページ

不眠の原因「適応性不眠」はストレスが原因
不眠の原因の一つ「適応性不眠」について説明します。
不眠の原因「特発性疾患による不眠」は深刻
不眠の原因の一つ「特発性疾患による不眠」について説明します。
不眠の原因「幼年期の行動からくる不眠」
不眠の原因の一つ「幼年期の行動からくる不眠」について説明します。
不眠の原因「薬物による不眠」は医師と相談が必要
不眠の原因の一つ「薬物による不眠」について説明します。
不眠の原因「健康障害による不眠」は身体の治療が必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「精神障害(うつ)による不眠」は心の癒しが必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。