幼年期の行動からくる不眠

幼年期の行動からくる不眠について

 

幾つかに分かれる不眠の種類ですが、その中に幼年期の行動からくる不眠というのがあります。これは幼い子供の親が子どもを規則正しく寝かせないことから起こる不眠です。

 

不夜城などという言葉があるように24時間眠らない街とか、現代は昔と違って社会全体が夜昼関係なく動くようになっています。家庭にもその影響が出ていますが、親自身が夜更かしになっている現代では、親の生活に合わせて子供も正常な睡眠が取りにくくなっています。

 

そのため夜中に数回目が覚めるなどの不眠症になってしまいますが、この傾向は睡眠に障害をきたすばかりでなく、脳や体の発達にも影響を与えてしまいます。

 

怖いのは、親が深夜まで起きていて、赤ちゃん電気の光の中で寝ていると身長が伸びない小人症という発達障害が起きてしまいます。腺細胞から分泌される成長ホルモンは、夜寝ているときに多く分泌されますが、暗くしないと成長ホルモンが正常に分泌されないからです。

 

幼い子の生活の乱れは、睡眠障害ばかりでなく体の発達障害まで起こし、脳の発達まで妨げるのですから、幼年期の行動が及ぼす影響は計り知れない大きなものがあります。

 

幼年期の行動からくる不眠の治し方には、早寝早起きの正しい生活リズムを作るとか、朝の太陽(特に早朝)の光を浴びて体内時計を正常にするとか、軽い運動をするなどでセロトニンを増やすなどの方法があります。

 

軽い運動特に歩行などのリズムカルな運動や良く噛むことでもセロトニンを増やしますし、ひじきやバナナなど鉄分を多く含む食品は、セロトニンの生成を促す働きをする

 

トリプトファンを分泌させますのでおススメです。

 

ただし、上記のことは継続的に行うことでしか効果が出ません。少なくても3ヶ月の継続が必要とされています。

 

不眠 サプリの小さいお子さんへの使用ですが、成分的にも問題がないので使用して、早めに不眠を解消することをおススメします。

 

関連ページ

不眠の原因「適応性不眠」はストレスが原因
不眠の原因の一つ「適応性不眠」について説明します。
不眠の原因「特発性疾患による不眠」は深刻
不眠の原因の一つ「特発性疾患による不眠」について説明します。
不眠の原因「薬物による不眠」は医師と相談が必要
不眠の原因の一つ「薬物による不眠」について説明します。
不眠の原因「健康障害による不眠」は身体の治療が必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「精神障害(うつ)による不眠」は心の癒しが必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「時差ボケや環境による不眠」はセロトニンがカギ
不眠の原因の一つ「時差ボケや環境による不眠」について説明します。