健康障害による不眠

健康障害による不眠について

 

眠るのにも体力が必要と言われますが、丈夫な人は比較的熟睡できる人が多く、反対に何らかの健康障害あったり、体力がなくなっているお年寄りは眠りが浅く、また、眠っても朝早く目が覚めてしまいます。

 

60歳以上の高齢者の3人に一人が不眠 を訴えて、病院に通院している人の20人に1人が睡眠薬を処方されていると言います。

 

お年寄りに限らず若い人でも不眠症で悩む人が多く、今や不眠症が国民病とさえなっています。

 

不眠を招く病気には、外傷や繊維筋通症、頭痛、関節リウマチ、糖尿病、十二指腸潰瘍、胃食道逆流症などがあり、中には特発性疾患のように生まれ持った体質の人もいます。

 

上記の病気が原因の不眠対策には、不眠 サプリがおススメです。ハーブ他自然の植物で作られている不眠 サプリは胃他にも障害を与えません。

 

また、呼吸器や神経の病気が不眠の原因になることもあり、慢性閉塞性肺疾患、睡眠関連喘息などの他、致死性家族性不眠症という珍しい不眠症があります。

 

遺伝性のプリオンが原因とされる致死性家族性不眠症は、家族内で起こる病気で、年代的には40代〜50代が罹りやすく、スペインでの症例が多く、日本では4家系が報告され、世界中では40家族が報告されています。

 

この病気にかかると、寝つきが悪くなりそのうち血圧が上がる他か活動状態になったり、心と体がオーバーヒート状態になり、やがては死亡するケースが多いと言われています。

 

不眠症の原因には様々な原因がありますが、眠れなくて悩んだ時は、まずは不眠 サプリを飲んで焦らずに改善するのを待ってみてください。焦れば焦るほど酷くなるのが不眠症です。

 

関連ページ

不眠の原因「適応性不眠」はストレスが原因
不眠の原因の一つ「適応性不眠」について説明します。
不眠の原因「特発性疾患による不眠」は深刻
不眠の原因の一つ「特発性疾患による不眠」について説明します。
不眠の原因「幼年期の行動からくる不眠」
不眠の原因の一つ「幼年期の行動からくる不眠」について説明します。
不眠の原因「薬物による不眠」は医師と相談が必要
不眠の原因の一つ「薬物による不眠」について説明します。
不眠の原因「精神障害(うつ)による不眠」は心の癒しが必要
不眠の原因の一つ「健康障害による不眠」について説明します。
不眠の原因「時差ボケや環境による不眠」はセロトニンがカギ
不眠の原因の一つ「時差ボケや環境による不眠」について説明します。