不眠になる原因と種類

不眠になる原因と種類記事一覧

不眠になる原因や種類は多く、悩まされている方は年々増え続けています。その中のひとつの「適応性不眠」は、ストレスによって起こりますが、ベッドに入ってもなかなか眠れないなど寝つきが悪く、また、やっと眠ったと思っても、眠りが浅かったり、朝早く目覚めてしまうので常に寝足りない感じがしているタイプの不眠のことを言います。適応性不眠の睡眠障害では、夜眠れないとか、あるいは日中、仕事中でも眠気に襲われて困るなど...

睡眠障害のなかに「特発性疾患による不眠」というのがありますが、この障害は仕事にも差し障りが出てくるので、深刻な悩みとなります。ある20代後半の女性は、仕事中でも眠気に襲われてついつい居眠りをしてしまい、上司にどのくらい注意をされたかわかりません。本人も悩んで十分睡眠をとるのはもちろん、神経内科にも行きましたが異常なしで、耳鼻科で睡眠時無呼吸症候群の検査も受けましたが原因はわかりませんでした。結局、...

幾つかに分かれる不眠の種類ですが、その中に幼年期の行動からくる不眠というのがあります。これは幼い子供の親が子どもを規則正しく寝かせないことから起こる不眠です。不夜城などという言葉があるように24時間眠らない街とか、現代は昔と違って社会全体が夜昼関係なく動くようになっています。家庭にもその影響が出ていますが、親自身が夜更かしになっている現代では、親の生活に合わせて子供も正常な睡眠が取りにくくなってい...

不眠になる原因の一つに「薬物による不眠」がありますが、単純な不眠には、昼間適当な運度をするとか、セロトニンを増やす成分が多く含まれている食品を心がけて摂るなど色々考えられますが、薬物による不眠では、それらのような方法では効果がきたいできません。薬物による不眠は、病気の治療を受けて薬を処方してもらい、処方された薬が原因で不眠になってしまうケースがあります。医師でも見落としがちなこの不眠は、もし薬を飲...

眠るのにも体力が必要と言われますが、丈夫な人は比較的熟睡できる人が多く、反対に何らかの健康障害あったり、体力がなくなっているお年寄りは眠りが浅く、また、眠っても朝早く目が覚めてしまいます。60歳以上の高齢者の3人に一人が不眠 を訴えて、病院に通院している人の20人に1人が睡眠薬を処方されていると言います。お年寄りに限らず若い人でも不眠症で悩む人が多く、今や不眠症が国民病とさえなっています。不眠を招...

精神障害から起こる不眠症の元となって原因には、ストレスや心の病気のうつからくるものがあります。精神障害からくる不眠症は、精神的なものが大きいだけに、対策には不眠 サプリをおススメします。人間はイライラや怒りで興奮していると、眠りにくくなります。不眠 サプリの材料は、ハーブ他気持ちを落ち着かせる材料が取り入れられ気持ちを落ち着かせてストレス緩和する効果があります。近年はうつ病に罹る人が増えていますが...

不眠の原因の一つに時差ボケがありますが、海外へ行ったときや帰ったときに起こるのが時差ボケで、時差ボケからも睡眠障害が起こります。アジア圏ではそれほど時差を感じることが少なく、10時間も飛行機に乗っている国では時差ボケも酷く感じられます。この症状が起きるのは、人間の体内には体内時計があり、体内時計と現実の時刻にずれが生じることが原因で起こります。この症状が出るのも個人によっても差がありますが、程度の...