不眠解消サプリ

眠いけど眠れないと「辛い」!不眠改善を目指しましょう!

 

不眠の悩みを訴える人は多くなっています!

 

睡眠のメカニズムは複雑ですが、ただ、睡眠と精神的なものが大きく関係していることだけはわかっています。眠れないと焦るとさらに眠れなくなります。気持ちではどうにもコントロールできないのが睡です。

 

主な睡眠の症状は次の通りです。

 

眠れないといっても、その症状に状態はさまざまです。

 

もし、「まったく眠れない」状態で、生活にや仕事に支障を起こすような不眠の状態の場合は、ただちに医師の診察を受けるこをおすすめします。

 

それでもし症状が重いようなら、「睡眠薬」、「睡眠導入薬」が処方されることになります。

 

しかし、睡眠薬や睡眠導入薬を飲んで眠れるのは、当然で根本的な、解決ではありません。

 

できれば、生活の中で、【生活態度】、【生活環境】、【食生活】などを見直すことで、「薬」に頼らなくても、「不眠」を解消したいものです。

 

 

次に、不眠解消を目指している方に飲んでほしい、不眠解消サプリメント(健康補助食品)を紹介しています。

 

不眠改善にオススメの不眠サプリメント【ランキング】ベスト5

睡眠サプリメント【潤睡ハーブ】の特徴

植物由来の実感成分で休息をサポート!

夜に何度も目が覚める!夜が不安!朝起きても寝た気がぜずに疲れが残る!こんな方に、飲んでほしい休息サプリです。

実は、眠りに不安のある方は、5人に一人もいると言われていて、結構多い方が睡眠に悩んでいます。

潤睡ハーブは、安全性・体感を第一に考えて、何百もの試作の結果できた、オリジナルのサプリメントです。

植物由来にこだわり、休息アミノ酸に加え、必須アミノ酸をバランスよく配合しています。

価格 1980円
評価 評価5
備考 初回価格¥1980円 通常¥5980円
睡眠サプリメント【潤睡ハーブ】の総評

10日間の安心返金保証。

マインドガードDXの特徴

吸収の良いドリンクの休息サプリ!

休息ハーブとして「南ポリネシアン」で重宝されてきた「天然のモリンダシトリフォリア」を贅沢に配合。

この「マインドガードDX」には、理想の休息習慣に大事な「トリプトファン」をはじめ、必須アミノ酸など豊富な栄養が含まれています。

また、液体なので体内への吸収率が、他一般的なサプリに比べて、非常に良いというデーターもあります。

一般的なサプリで満足できなかった方にも、試してほしいドリンクタイプの休息サプリです。

価格 6810円
評価 評価4.5
備考 お試しセット(15〜30日分):¥6810円

ネムリスの特徴

ラフマ葉抽出物配合で高い実感力!

毎日の洋室なおやすみをサポートする、天然植物から開発された休息成分配合のサプリメントです。

筑波大学の裏出教授監修により脳波データーよる検証で実態を明らかにしています。

ネムリスを飲んだ夜の脳波を測定した結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認できています。

価格 1890円
評価 評価4.5
備考 お試し¥1890円 初回限定¥5670円

北の大地の夢しずくの特徴

「アスパラガス」から抽出した休息成分誘発物質を配合!

眠れないのはとてもツライことです。十分な休息を摂れないあなたにおすすめなのが、この「北の大地の夢しずく」です。

身体を負荷のかかった状態から癒すための「休息成分」を 身体の内側に直接送り込みさえすれば誰でもすーすー休める状態に なるのと考えサプメントを開発します。

長年の研究により発見した新たな休息メカニズムを、 大地のチカラを借りることで完成させた新発想の休息サポート飲料、 それが『北の大地の夢しずく』なのです。

価格 3790円
評価 評価4
備考 通常¥3790円 定期¥3411円
北の大地の夢しずくの総評

健康管理士と専任アドバイザーが、アナタの睡眠をサポートしてくれます。

スヤナイトαの特徴

頭スッキリ。朝が違うと驚きの声!

朝から元気よく活動したい、不眠の悩みがある、「アナタ」におすすめのサプリです。

「夜22時には安らげる」、「毎朝スッキリ!」、「朝の食事がおいしい」などの声が続出中です。

リラックスの為のアミノ酸、「ギャバ」、「トリンプファン」を豊富に配合しているので、夜になるとだんだんと身体がクールダウンするサポートをしてくれます。

さらに、リラックス効果のある、有名ハーブ「バレリアンエキス」と「カモミールエキス」も合わせて配合しています。

価格 5980円
評価 評価3.5
備考 通常¥5980円 定期¥5083円

 

不眠解消サプリに配合される主な成分

清酒酵母

現代人が抱える「休息不足」に、ライオンは長年にわたり向きあってきました。休息の質に役立つ成分を探し求め、80種類の食品素材に着目して研究。 大学や専門機関とともに地道な検証を重ね、特定の清酒酵母に「休息に役立つ新たな働き」があることを発見しました。

ラフマ葉

ラフマは中国では薬として認められており、精神安定、風邪、高血圧や高コレステロールなど様々な症状に効果的です。ラフマは古くから精神を癒す生薬として知られています。日本ではこのラフマでつくられたお茶をヤンロンティーと呼ぶこともあります。(参考:ラフマとは?

ギャバ

ギャバは、脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きをしています。ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、リラックス状態をもたらしてくれます。(参考:GABAの効果

トリプトファン

トリプトファンはセロトニンやメラトニンと言った物質の材料とされ、体内でそれらの物質に合成されます。トリプトファンが不足すると、不眠症などの睡眠障害を起こしたり、うつ病を起こしたりする可能性があります(参考:トリプトファンとは

テアニン

テアニンは神経(特に脳神経)の興奮を鎮める作用があるので、安眠にも効能があることが報告されています。寝つきがよくなり途中で目覚めることがなくなったといいうデータもあります。(参考:テアニンの効能・効果

不眠サプリを飲むことで安心感も生まれます!

 

不眠症の人の数は多く、日本人の約5人に一人が不眠症で悩んでいるというほど増えています。

 

不眠症と診断され、睡眠薬に頼っていると睡眠薬なしでは眠れなくなると言う話もよく聞きます。できれば、睡眠薬に頼らない方がいいと思っている方も多いようです。

 

不眠の原因は、実にたくさんの事が原因していますし、不眠のタイプも様々です。不眠のタイプには、「入眠障害」他いくつものタイプがありますが、タイプは違っても、その根っこの原因となるものはほぼ同じで、改善法もほとんど同じです。

 

したがって一般的に行われているストレスの解消に努めてみるとか、適度な運動とバランスの良い食事を摂る他、朝日に当たって体内時計を正常に働かせることを行ってみてください。

 

多くの不眠は改善できると言われています。焦らずにゆったりと改善を待つという気持ちでいたほうが良い結果が出ます。

 

そして、不眠を改善をサポートするサプリ(不眠サプリ)を試してみるものおススメです。

 

不眠サプリは、医学的にも不眠に効果があるとされる成分やハーブが入っている健康食品です。あまり構えずに、不眠で悩んだら頼ってみるのも良いかと思います。

 

不眠 サプリを飲むことで「飲んだから眠れる」という安心感も手伝って眠りやすくなります。

 

 

不眠サプリは自然な睡眠をサポート!

 

睡眠薬はクセになるので、睡眠薬を飲むのはイヤという人は多いです。

 

しかし、不眠サプリなら、「薬」ではないので試してみては如何でしょうか?

 

以前は不眠症の人が病院に行くと睡眠薬が出されていましたが、今は睡眠導入剤として処方されているようですが、名前は違っても内容は同じです。

 

眠れないと睡眠薬に頼りがちですが、睡眠薬は根本的に不眠を治す薬ではなく、脳の神経に働きかけて眠らせる、いわば自然の眠りではないので朝起きた時に頭が痛いなどの弊害が出ることがあます。

 

また、睡眠薬を飲むことで胃を荒らすなどの副作用もありますし、人によっては肝臓を悪くする人もいます。

 

上記の副作用の他、持病があって飲んでいる薬の飲み合わせによってはまた違った副作用が出てきます。さらに、睡眠薬は依存症になる怖さもあります。

 

そんな副作用のある睡眠薬の悩みを解消したのが不眠 サプリです。

 

脳の中枢神経に働きかける睡眠薬と違って、眠りを促す効果のあるハーブ他の薬草や、眠りに欠かせない成分セロトニンの分泌関わる成分で作られているのが不眠 サプリです。

 

日本では最近になって知られるようになりましたが、ドイツでは早くから、自然な眠気を促し、神経を落ち着かせるハーブなどを使った不眠症の薬が販売されていました。

 

アメリカでは以前からメラトニン入りでの不眠 サプリが使われていて、睡眠薬と違って翌朝頭が痛くなるようなこともなく、副作用もありません。

 

アメリカでは、セロトニンがスーパーなどで普通に売られているそうですが、睡眠薬と違って不眠 サプリなら安心して利用できます。

 

増えている「うつ病」が原因の不眠!

 

いまや国民病と言われているほど多くの人が悩んでいる不眠症ですが、不眠の原因の多くは精神的な悩みが原因で不眠になっている人が多いです。

 

不眠に悩む人は神経質だったり、几帳面とか、物事をネガティブに捉える人が多く、あっけらかんと陽気な人で不眠に悩んでいる人は少ないです。

 

そんな精神的な悩みからくることが多い不眠ですから、精神的な病のうつ病の人はどうしても不眠になる傾向が大きいです。ましてやストレス社会の現代では、うつ病を患う人が増加するばかりなので、必然的にうつ病からくる不眠症の人が増えています。

 

うつ病で病院に通っていると、不眠を訴えると睡眠薬が処方されますが、睡眠薬は依存症になる怖さと、副作用の心配があります。うつ病の薬も飲んでいますからその薬との相性が悪いと副作用が出る可能性がさらに高くなります。

 

その点、不眠 サプリは、睡眠薬のように強制的に眠りにつかせるのでなく、自然の力で睡眠を促すようになっています。

 

不眠改善の為に実践したい生活習慣

 

不眠改善の為に実践したい生活習慣を紹介します。

 

不眠を解消するには、生活を見直す必要があります。生活のリズムや食生活、程度な運度などを取り入れる必要があります。

生活のリズムを整える

・起床と就寝の時間を一定に保つことが大事です。体内時計を狂わさないことが良い睡眠の第一歩です。
・太陽に当たることを心がけることも大事です。太陽を浴びると体内時計が正確に保つことが出来ると言われています。
・睡眠前にリラックスする時間を作り交感神経の切り替えをスムーズにする。

ストレスを貯めない生活

・仕事のオンオフにメリハリを付けて、仕事のストレスを引きずらないことが大事です。
・趣味に時間を充てる。少しの時間でもリラックス出来ます。
・お風呂に浸かる習慣を取り入れる。お風呂は固まった筋肉をほぐしリラック効果が高いのでオススメです。

軽い運動を取り入れる

・程よい筋肉的な疲労は良い睡眠を促します。
・ストレッチなどで筋肉をほぐすとリラックス作用がありストレス解消にもなります。

快適な睡眠環境

・寝具は睡眠を左右するので適切なものを選びましょう。
・寝室の温度や湿度なども適切に保ちましょう。
・アロマなどリラックスできる環境を工夫しましょう。

食生活に注意する

・寝る直前の飲食は避ける。消化中は体温が高く眠りずらい。
・適度なアルコールは眠気を誘発しますが飲み過ぎに注意。
・睡眠に効果的な成分を意識した食事を摂る。摂れない場合は、当サイトで紹介しているサプリメントなどを活用する。

 

不眠にはホルモンが大きく関係してる!

 

不眠は精神的なものが大きいと考えられていましたが、医学が進んだ今は体の内部の事、特にホルモンの関係が大きいことがわかってきました。

 

ホルモンが影響する眠りに関しては、女性ホルモンも眠りに影響してきます。

 

女性の生理の周期で、排卵後次の生理がくるまでの黄体期と、妊娠初期は眠りが不安定になります。また、特殊な例ではホルモンに異常をきたす先天性の病気があり、睡眠に大きな影響を与えます。

 

私たちが通常眠れないと、あれがいけない、これがいけないと思いを巡らして精神的悩みからきているなどと勝手に結論づけていますが、ホルモンの影響の時もあるのです。

 

もしも、ホルモンの影響からきている不眠なら、睡眠の環境がどうとかこうとかの不眠対策も役に立ちません。

 

そんな時は、副作用もなく体に優しい不眠 サプリで眠りにつきやすくすることをおススメします。

 

ただ、通常の不眠対策では効果がないこともありますが、通常の不眠ならある程度の効果がありますから、色々な不眠対策は知っておくことをおススメします。

 

ちなみに、夜寝ていて足がびくっと動いて目が覚めるときがありますが、「足しゃっくり」と呼ばれる現象です。この現象が起きやすい人は、寝つきは良く、夜中に何度も起きる、睡眠薬が効かないなどの特徴があります。

 

睡眠薬と不眠サプリの違いとは?

 

睡眠薬と不眠サプリは、どちらも眠れないときに眠りにつかせることは同じでも、その内容やメリット・デメリットは大きく違います。

 

睡眠薬は脳神経の中枢に働きかけて、強制的眠りに誘います。いわゆる「薬」です。

 

 

それに対して、不眠サプリは、ハーブ他セロトニンなど睡眠を誘う自然の成分から作られている健康食品で副作用がありません。

 

睡眠薬は病院に行って医師に処方してもらう必要がありますが、不眠 サプリは、ドラッグストアでも通販でも買うことができます。

 

副作用もなく、安心して飲めるのが不眠 サプリなので、眠れなくて困ったら飲んでみてください。眠れると気持ちも落ち着きどんどん良い方向に行く可能性が高いです。

 

セロトニンは人の睡眠に大きく関係している脳内の「神経伝達物質」です。セロトニンは体内に存在している成分ですが、セロトニンが含まれている食品はありません。

 

しかし、セロトニンの分泌を促進させる食べ物はたくさんあります。ひじきや牛乳、豆腐や納豆、味噌、醤油他、カツオやマグロ、卵などにも含まれていますから、心がけて食べることをおススメします。

 

ちなみに、病院へ行って不眠症を診断するときの基準としては、睡眠の質や時間について不安があるとか、眠れない症状が1ヶ月以上続くなどがあります。

 

また、次のような日中の障害が一つでもある場合は不眠症と診断されます。それは、倦怠感あるいは不定愁訴があり、検査をしても異常がないとか体調不良がある、集中力や注意力、記憶力に問題がある、社会的機能の障害、気分が良くないとか、常に焦った感じがするなどがあります。

 

そのほかには、日中に眠気がある、やる気が起きない、仕事中や運転中のミスや事故の危険を感じる、睡眠不足からくる緊張や頭痛、胃腸障害などがあり、これらが不眠症の診断材料とされます。

 

このように不眠症は様々な障害を招きます。重くならないうちに不眠 サプリで眠れるようにすることをおススメします。

 

【まとめ】生活の中から自然と不眠改善を目指す!

不眠解消サプリや不眠改善についてご紹介してきました。如何だったでしょうか?

 

不眠は辛いものです。「寝れない」苦しみは体験した人にしか分かりません。

 

症状が、重い方は医療機関の診察を受けて、相応の「睡眠薬」、「睡眠導入剤」などの「薬」の処方を受けた方が良いでしょう。

 

しかし、「睡眠薬」などの薬は、「一時しのぎ」の為です。

 

「生活習慣」や「食生活」を見直して生活の中で、不眠の体質を改善するのが大事です。

 

そのお手伝いとして、本サイトで紹介した「不眠改善サプリ」を活用してください。

 

きっと良い感想を持てると確信しています。

 

 

 

では、当サイトに訪れて頂いて有り難うございます。

 

「不眠」を解消し、健やかに過ごせることを、お祈り申し上げます。